空手道とは

  • 勝敗を究極の目的とする武術ではなく、有形無形の試練を乗り越え、練磨の汗の中から人格の完成を図ろうとするものである。
  • 徒手空拳、手と脚を組織的に鍛錬し、あたかも武器のような威力を発揮させ、その一突一蹴、よく不時の敵を制する護身術である。
  • 四肢五体を、前後・左右・上下に均等に動かし、なおかつ屈伸・跳躍・平衡などのあらゆる動作に習熟する身体運動である。
  • 意志力により、よく制御された技を使用し、的確に目標をとらえ、瞬時、最大の衝撃力を爆発させて技を競い合う格技である。
    (目標を人体急所の寸前に仮定する)

 

広告
WordPress.com で新しいサイトを作成
始めてみよう